MUKTI~ムクティ~ 


by mukti
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Have Fun!



 週末、待望のヘミシンク・セミナーが行われました!!

  30日には、エクスカージョン F10
  31日には、ハートコース


  とても有意義な時間を過ごすことができました。


 ヘミシンクは、「とにかく体験してみて!!」と、
  皆さんにお声を掛けさせていただいていましたが、
いやぁ~~~、本当に私自身、今回もたっぷりと体験し、感じることができて、感動しています。


 今回お届けした≪エクスカージョン F10≫
 2010年からスタートしたこのコースは、モンロー研究所公認のプログラム
 (トレーナーのmomoちゃんが モンロー研究所オフィシャルスポークスマンなので
  このコースが実現しました!)


 以前は、基礎コースとして1日で 
 F10(フォーカス10)とF12(フォーカス12)を受講していましたが、
 「エクスカージョン」はフォーカス10とフォーカス12を別々の日程で受講し、
 よりじっくりと学べる内容となっています。

     F10  フォーカス10 肉体は眠り意識は目覚めている状態
                   五感を超える知覚
 
    ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・
     F12 フォーカス12  知覚・意識の拡大した状態
                   肉体的・空間的な束縛からの自由
                   ガイドとの交信が可能な領域
    ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・  ・


  F10では、ヘミシンクについて~モンロー研究所について~ 
   たっぷりと時間をかけて、丁寧に説明してくださり、
   皆さん、なぁ~~るほど(^.^)と うなずくことしきり。
        私も何度聞いても、ふぅ~むと納得です。

   そして、ヘミシンクのエクササイズに入るための“準備のプロセス”を
   またまた丁寧に説明してくれて、練習します。

   この準備のプロセスで使う メンタルツールを手に入れるだけでも、
   毎日の生活が変わるでしょう!!


   それから、たっぷりと時間をかけて、5つのセッション
   セッションというのは、
    楽な格好(シートに横になったり、クッションに持たれたり)でくつろぎ、
   ヘッドフォンでヘミシンクのエクササイズCDを聞きながら
   ガイダンスに従って ワークするというもの。

   そして、F10の状態を何度も体験するのです。
       F10  肉体は眠り意識は目覚めている状態
            五感を超える知覚


  皆それぞれの体験が楽しいのです。
   私は、身体が振動する感じや 肉体が解放されていって 
   自分のフレームがなくなる感じ・・・
   などなど、体感しました。

  そして、その感覚こそが、
  私たちを “より自由に感じ、自由に探究すること”へと繋がり、
  そしてそして、今を生きる自分自身の理解が深まっていくのです。

  私たちを包む宇宙 
     私たちの中にある宇宙
      そのどちらもが繋がり・・・・・・そしてひとつだということ・・・

              072.gif oneness 072.gif



  リラックスして、楽しむだけなのです!!


  セッション(探究)に入るときに、いつもmomoちゃんがこう言って 見送ってくれます。

      『Have Fun!!』


  半年後くらいには、また ヘミシンク・セミナーができるといいなと思っています。

  次は、F12~F21~F27へと探究を楽しみたい~~~~~と思っています。

  ぜひ、ご一緒しましょうね!!


     フォーカスレベルは、こちらを参考にしてね
        →://www.studio-kara.com/hemi-sync/index.html


         ハートコースも素敵だったみたいですよ~~~!!
             またご紹介しますね(^_-)-☆


  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

      MUKTIのブログへ お越しくださりありがとうございます053.gif

           MUKTIのサイトへもぜひどうぞ http://www5f.biglobe.ne.jp/~mukti/
[PR]
by mukti | 2010-02-04 22:31 | お知らせ